スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

team CLEVELAND CAVALIERS

CLEVELAND CAVALIERS  East-セントラル地区

2008-2009シーズンの予想スタメンはこれだ。

PG モーリス・ウィリアムス
SG デロンテ・ウェスト(仮)
SF レブロン・ジェームズ
PF アンダーソン・ヴァレジャオ
C シャキール・オニール

HC:マイク・ブラウン

レブロンを中心に昨シーズン最高勝率を成し遂げた。加えてシャックの加入で苦手にしていたインサイドも他チームと同じかそれ以上に進化。加えて、ボストンから控えで大活躍できるポーを獲得。シーズン初めは怪我スタートとなるが、いずれはインサイドでしっかり活躍できるだろう。インサイド強化により、完成度はかなり高くなったチームが優勝を目指す。
スポンサーサイト

team DENVER NUGGETS

DENVER NUGGETS  West-ノースウェスト地区

2008-2009シーズンの予想スタメンはこれだ。

PG チョーンシー・ビラップス
SG J.R.スミス
SF カーメロ・アンソニー
PF ケニオン・マーティン
C ネネ・ヒラリオ

HC:ジョージ・カール

昨シーズンスタートとほぼ同時にアイバーソンとビラップスを含む数人の大型トレードを行った。そのトレードが大成功をおさめ、ウェスタンカンファレンスで2位にまで輝いた。完全にPGビラップスがチームをコントロールし、ビラップス中心のチームになった。さらには、昨シーズン平均20点強を記録、3rdチームにも選出されたCAがレブロンをも脅かす存在になりそうだ。ビラップスがより一層チームに溶け込んで、レイカーズにリベンジを誓う。

team LOSANGELES LAKERS

LOSANGELES LAKERS  West-パシフィック地区

2009-2010シーズンの予想スタメンはこれだ。

PG デリック・フィッシャー
SG コービー・ブライアント 
SF ロン・アーテスト
PF ポー・ガソル
C アンドリュー・バイナム

HC:フィル・ジャクソン

ロケッツからアーテストが強力加入し、事実上トレードという形となったトレバー・アリーザの穴を埋める。バイナムも怪我から完全復活し、Cとしてのフル出場を果たせるまでに戻ってくるだろう。プレーオフでもシックスマンとして、そしてスターティングとして活躍したオドムの再契約により、どこでも活躍できる選手も確保。昨シーズンの優勝にさらに輪をかけて強くなったメンバー。まさに2連覇するのにふさわしいチームだろう。

team BOSTON CELTICS

BOSTON CELTICS  East-アトランティカ地区

2009-2010シーズンの予想スタメンはこれだ。

PG レイジョン・ロンド
SG レイ・アレン
SF ポール・ピアース
PF ケヴィン・ガーネット
C ケンドリック・パーキンズ

HC:ドック・リバース

昨シーズンと同じ顔となるだろう。しかし、PF兼Cのサブとしてラシード・ウォーレスが加入したことにより、ベンチ層が厚くなり、交代が容易にできるようになった。加えて、KGのいないプレーオフを戦ったメンバーには相当な力がついた。中でも、昨シーズンにオールディフェンス2ndチームに輝き、プレーオフでは2度のトリプルダブルを記録など大ブレイクしたPGレイジョン・ロンドのさらなる成長が期待される。今までKG、ピアース、アレンが支えてきたBIG3をロンドを加えBIG4ともいわせるような活躍をするだろう。一昨シーズンの覇者が実力的にも精神的にも成長し、文句なしの王者を目指す。
プロフィール

kevin garnett

Author:kevin garnett
オールNBAMYLOVEチーム
G レイジョン・ロンド
G O.J.メイヨ
F カーメロ・アンソニー
F ケヴィン・ガーネット
C ドワイト・ハワード

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。